おからパウダーを使ったダイエット法〜おからコーヒーダイエットとは?効果と口コミ・レシピまとめ

おからコーヒーダイエットはいつものコーヒーにおからパウダーをプラスするだけで痩せやすい体質に変えてくれるダイエットとして「得する人損する人」などのテレビでも取り上げられ、2018年のダイエットの中でもトレンドになったダイエット法です。

話題になった当時はおからパウダーがネットやお店でも品切れが続出するなど、注目度が高まり、実際におからコーヒーダイエットを実践した人の口コミでもダイエット成功の声がSNSでも多くみかけられました。

おからは昔から健康に良い食材として知られていましたが、なぜ今になって注目されているのか?しかもコーヒーにプラスするだけでダイエットをサポートしてくれる理由が気になりますよね。

こちらでは、おからコーヒーダイエットの効果や実践方法、さらに、このダイエットの主役であるおからパウダーの健康に嬉しい特徴についてご紹介します。

おからコーヒーダイエットとは?

おからコーヒーダイエットとは、福岡県みやま市にあるダイエット外来・糖尿病内科・漢方治療を専門としている工藤内科の副院長を務める(2019年2月現在)工藤孝文先生が考案、提唱しているダイエット法です。工藤孝文先生の著書、「TJ MOOK『医師が教える! おからダイエット』(宝島社)」も出版されています。


※画像:amazon.co.jp/

工藤孝文先生が提唱するおからコーヒーダイエットはおからをコーヒーに溶かすだけでダイエット効果が高まるとしてというものです。このダイエット法は99.2%という高い成功率を誇る工藤内科のダイエット外来でも患者が実際に行っているのが、おからコーヒーダイエットです。

おからコーヒーダイエットの効果

おからコーヒーダイエットの特徴は、元々、内臓脂肪や中性脂肪を減らす効果が確認されている大豆由来のタンパク質である「おから」には痩せホルモンと呼ばれるアディポネクチン」を増やすのに関わる「β(ベータ)ーコングリシン」が含まれます。

そしておからに加えて、コーヒーに含まれるカフェインとクロロゲン酸(コーヒーに含まれるポリフェノール)の相乗効果によって痩せやすい体作りをサポート、ダイエットのために運動や食事コントロールに取り組む人にとって嬉しいダイエット飲料となってくれるというのがおからコーヒーダイエットの効果です。

工藤孝文先生の話では、おからはアディポネクチンを増やしながらヤセ体質を作る一石二鳥の食材とのことです。

おからパウダーは満腹感を高めるのにも役立つ

おからは豆腐などの大豆を原料とした製品を作る時に残る絞りカスですが、この残ったおからには大豆に含まれる栄養が多く含まれています。また、おからは水に溶けにくい食物繊維である不溶性食物繊維が豊富に含まれており、豆腐と比較すると約15倍の食物繊維が含まれています。

不溶性食物繊維は水分を吸収すると胃や腸で大きく膨らむ性質があり腹持ちが良いため、満足感を高めるのにも役立ってくれます。

おからは腸内環境を整えるのにも嬉しい食材

おからは食物繊維が豊富で、不溶性食物繊維は水分を含むと膨らんで腸内を刺激して蠕動運動を促します。お通じの調子が良くない便秘気味な人にとっては腸内環境を整えるのにも嬉しい食材と言われています。

さらに、おからには「オリゴ糖」という腸内で乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌のエサとなる成分が含まれていて、腸内環境を整えるための菌を増やすのを助けてくれます。

おからパウダーの栄養成分

おからは豆腐などの大豆製品を作る際に残る、豆乳を絞った搾りカスです。絞りカスというと栄養が残っていないという印象がありますが、実はとっても栄養が豊富です。

おからに含まれる主な栄養素は豆乳や豆腐に含まれる植物性たんぱく質や不溶性食物繊維をメインに、他にもマグネシウム、カルシウム、ビタミンB2などが多く含まれます。炭水化物、たんぱく質、脂質の三大栄養素がバランス良く含まれる食材とされています。

おからをパウダーにした場合には100g当たりで糖質は8.7g、食物繊維は43.6gほどとなります。おからパウダーは糖質を控えたドーナツなどのデザートにも利用されることも多いです。

コーヒーの成分

コーヒーに含まれる成分は主に、カフェイン、クロロゲン酸、タンニン、カフェー酸、褐色色素、ニコチン酸(ナイアシン)、トリゴネリンなどの成分が含まれています。中でもカフェインとクロロゲン酸(ポリフェノール)はダイエットに関わる脂肪燃焼に良い影響が期待できるとして、注目されています。

それぞれ

  • カフェイン:交感神経を優位にし、脂肪の分解を促進する働き
  • クロロゲン酸:糖や脂肪の吸収を穏やかにする

という働きが期待できると言われています。

おからコーヒーダイエットの方法

おからコーヒーダイエットの方法はとっても簡単です。基本的にはおからコーヒーを食事の前に飲むだけ。

これは食事の前にお腹の中でおからパウダーに含まれる食物繊維が胃の中で水分を含んで膨らんだ状態になることで、食事の量が少なくても満足感が得やすくなるという効果が期待できます。空腹感をおからコーヒーで抑えることで無理なく食事量を減らす事ができます。

ダイエット中に空腹感を我慢するのが苦手な人におすすめなダイエットと言えます。

おからコーヒーダイエットのワンポイントアドバイス

満腹感を高めるポイントとしてはコーヒーを飲んだ後の水分補給です。一緒に水分も多めにとることおからに含まれる不溶性食物繊維が大きく膨らみます。

例えば、朝食前におからパウダーを溶かしたコーヒーを飲むことで、起き抜けの朝食の量を控えられる他、午前中の空腹感を減らせます。他にも昼食や夕食の前、間食時の前に飲むことで空腹が満たされ、食べ過ぎを防ぐのに役立ってくれます。

おからコーヒーの作り方・レシピ

おからコーヒーの作り方は簡単です。また、いくつかのアレンジや工夫をすることで、はじめての人でも飲みやすくなります。

1杯分の材料

おからパウダー…小さじ1(約5g、インスタントコーヒー、お湯を適量

作り方・手順

  1. コーヒーカップにインスタントコーヒーとおからパウダーを入れる
  2. お湯を注いでスプーンでよくかき混ぜる

コーヒー1杯に対して、おからパウダーは小さじ1杯くらいが目安です。また、おからパウダーは完全に溶けないので、ある程度コーヒーに混ざったら完成です。ポイントはインスタントコーヒーの方が手軽なのと、おからパウダーが混ぜやすいのでおすすめです。

飲んだ後など、お湯に溶けずに残ったおからパウダーはスプーンで食べると良いでしょう。

おからパウダーの選び方

おからパウダーをコーヒーに溶かしても完全に溶け切らないことが多いです。人によってはこのおからパウダーの舌触りが苦手という人もいます。そういった人は粒子が細かいおからパウダーを選ぶのがおすすめです。粒子が細かい分、溶け切らなくても口当たりや舌触りが良くなります。

おからコーヒーを飲みやすくするアレンジ

コーヒーの味が苦手という人も少なくないですよね。コーヒーを飲みやすくする方法としては砂糖やミルクを入れるというのがあります。ただ、ダイエットに活用するなら糖分は控えたい所。

そんな時のアレンジ方法としては

  • 牛乳とオリゴ糖を入れる
  • 砂糖の代わりに生クリームを入れる

この2つのアレンジは普通に飲むよりも、美味しくて飲みやすくなるのでおすすめです。

生クリームはダイエット中に食べるのは良くないのでは?と感じますが、実は生クリームは脂質が多いためカロリーは高いものの、糖質は砂糖よりも少ないんです。そのため、糖質制限などでも生クリームは食べられる食材に含まれています。

また、生クリームが太るというのは、生クリームに甘みを出すためにグラニュー糖などを加えているためで生クリーム自体の糖質は牛乳やヨーグルトよりも低いのでおからコーヒーのアレンジとしておすすめです。

ですので、生クリームをプラスする時には砂糖を含まないものを選んで加えることで、まろやかな口当たりになります。

おからコーヒーダイエットの口コミ

おからコーヒーダイエットの口コミや評判を見てみると、

  • 味がソイラテっぽくて思ったより美味しかった
  • 食事の前に飲むと空腹感が落ち着いた
  • コーヒーが苦手だけど、おからパウダーをプラスしたら味がまろやかで飲みやすく感じた

という声が多いです。

対してちょっとマイナスな意見としては

  • コーヒーに混ぜても完全に溶けないから口当たりがちょっと気になる
  • 粒子が荒いおからパウダーだとパウダーが残って飲みにくい

という声もあります。コーヒーが好きな人にとってはおからパウダーによる味の変化に慣れないという声や、口当たりが苦手という人も居ますので、ご紹介したアレンジや粒子の細かいおからパウダーを選んで自分好みに調整するのが良さそうです。

おからコーヒーダイエットの体験談

おからコーヒーダイエットを実践した女性
おからパウダーを入れたコーヒーでダイエットできるということで試してみました。最初は口当たりに違和感もありましたが、慣れてくると気にならなくなりました!飲みにくいときは牛乳をプラスするとかなり飲みやすくなると思います。また、おからを入れるとコーヒーの味はまろやかになるので、コーヒーが苦手な人なら飲みやすくなるかなと思います!

朝起きてから出かける前に飲んでおくと、午前中にお腹が空くことが減ってきたので、昼食も少なめでも満足できました!夜は仕事から帰ってきて飲むことで食事の量も控えられます。ただ、外食時などは準備できないので食べ過ぎには注意。

自然と食事の量が減るので、少しづつ体重が減ってきてダイエットになったので満足です!

※個人の体験による感想です。

余ったおからパウダーを使ったダイエットレシピ

おからパウダーはコーヒーに入れるだけではなく様々な料理との相性も良いです。おからパウダー自体はあまり味を感じないからどんな料理にも合わせられるので、どんどん使っていけば健康的なダイエット生活をサポートしてくれますよ。

余ったおからパウダーを使って簡単に作れるダイエットレシピをご紹介します。

おからパウダーヨーグルト

ヨーグルトとおからパウダーは相性も良く、ヨーグルトの酸味をまろやかにしてくれるのでプレーンヨーグルトも食べやすくなります。果物をプラスするとちょっと手の混んだデザートのように楽しめます。

ダイエット中なら砂糖や甘味料が入っていない、プレーンヨーグルトを選ぶのがおすすめです。

ポタージュ・コーンスープ+おからパウダー

コーンスープなどのポタージュ系スープとおからパウダーは相性がとても良いです。おからパウダーを混ぜるととろみが増して食べごたえもアップするのでダイエット中におすすめです!

昼食としてなら、クルトンをプラスすれば満足度もアップします!

カレーやシチュー+おからパウダー

カレーやシチューは糖質が多い料理なのでダイエット中は気を使います。カレーやシチューにおからパウダーをプラスすることで食べた後の満腹感がアップ。カレーの場合はご飯の量を少なめにすればダイエット中でも楽しめます。

おからパウダーをプラスしても味や食感にほとんど変化が無いので、手軽におからの栄養や食物繊維が摂れるおすすめのレシピです。

味噌汁+おからパウダー

味噌汁におからパウダーを入れると、若干とろみが増して食べごたえもアップします。じゃがいもを崩して混ぜたような口当たりなので違和感なく食物繊維たっぷりの味噌汁が食べられます。

豆腐は味噌汁の具として定番なので、おからが加わっても味に馴染みがあるので安心して食べられます。

おからハンバーグ

ヘルシーハンバーグの定番にもなっているおからハンバーグです。材料を混ぜ合わせてハンバーグのたねを作る時に肉の量を減らしておからパウダーをプラスすれば、低カロリーながらハンバーグの風味を楽しめます。

ハンバーグのつなぎにパン粉ではなくおからパウダーを使うことで糖質も抑えられて食べごたえがあるハンバーグが作れるので、ダイエット中にぴったりです。

おからパウダーを使った唐揚げ

鶏の唐揚げなど、衣を作るときのつなぎとしておからパウダーを使うことで、食べごたえはそのままにヘルシーな衣が作れます。

食べたときの口当たり、食感はほとんど変わらないので、ダイエット中にも美味しく食べられます。また、唐揚げに味付けをする調味料の中におからパウダーをプラスするのもおすすめです。

おからドーナツ・ホットケーキ

ドーナツやホットケーキもおからパウダーと相性が良いです。おからを使ったデザートをヘルシーで糖質も抑えられるということでダイエットスイーツとしても人気が高く、定番になっています。

ドーナツやホットケーキの素におからパウダーをプラスするだけなので手軽なのも良いですね。おからパウダーをたっぷり入れれば食べた後の満腹感も持続するのでおすすめです。

バニラアイス+おからパウダー

ダイエット中でもアイスが食べたいという方はアイスにおからパウダーをプラスしてみるのもおすすめです。特にバニラアイスは牛乳が使われているのでおからパウダーとの相性も良く、味の変化も少ないのでおすすめです。

アイスの量を少し減らしておからパウダーをプラスすることで満足度を高めて食べ過ぎを防ぐのにも役立ってくれます。

おからコーヒーダイエットの注意点

健康やダイエットに役立つおからパウダーを使ったおからコーヒーダイエットですが、一つ注意点があります。それは、おからパウダーは大豆が原料となっていますので大豆アレルギーの方は避ける必要があります。

もし、おからコーヒーでダイエットをしたいけどアレルギーがあるという人は、難消化性デキストリンやイヌリンといった水溶性食物繊維パウダーを使ってみるのもおすすめです。

難消化性デキストリンは多くのトクホ飲料や健康食品にも使われている安全な食品で、水に溶けやすく、混ぜても味や匂いに変化が無いため、どんな飲み物や料理にもプラスでき、食物繊維の補給に役立つ他、食事に含まれる糖や脂肪の吸収を抑えてくれるダイエットにもおすすめな食品です。

難消化性デキストリンが含まれる飲み物や難消化性デキストリンパウダーも市販やネットでも購入できるので、おからパウダーでのダイエット実践が難しい人はチェックしてみてください。

難消化性デキストリンとは?トクホで使用されることが多い成分の特徴と効果・安全性

2019.01.16

まとめ

おからパウダーを使ったおからコーヒーダイエットについてご紹介させていただきました。

おからコーヒーダイエットを実践するときのポイントは

  • 朝一や食前におからコーヒーを飲む
  • 食事より先におからコーヒーを飲む
  • 飲みにくい時はミルクやオリゴ糖で口当たりを和らげる
  • おからパウダーは粒子が細かいものを選ぶ

という点を意識して実践すると続けやすくなります。おからパウダーはお店やネットでも購入できますし、種類も豊富なので品質にもこだわって選ぶということもできます。

健康的な生活を送りたい、無理なくヤセ体質になりたい。そんな方はおからコーヒーダイエットに注目してみてください。

※参考著書:工藤孝文著書「TJ MOOK『医師が教える! おからダイエット』(宝島社)」

>> フィットライフコーヒーの口コミTOPへ