たんぽぽコーヒーおすすめ3選〜妊娠中や母乳に良いノンカフェイン飲料

たんぽぽコーヒーは妊娠中や授乳中のママが安心して飲めるノンカフェイン飲料です。コーヒー好きな人にとってコーヒーのような味わいが楽しめる飲み物として、さらに妊娠中や授乳期のカフェイン摂取をせずに、しかも母乳の出が良くない人にも助産師さんからおすすめされることも多い飲み物です。

今回は、そんなたんぽぽコーヒーの魅力や成分の特徴、副作用などなく安心して飲めるのか?たんぽぽコーヒーの選び方についてまとめました。
今すぐ、先輩ママさんから人気のたんぽぽコーヒーを知りたいという人のためにおすすめのたんぽぽコーヒーもご紹介しています!

たんぽぽコーヒーとは?

たんぽぽコーヒーはたんぽぽの根をコーヒー豆を作る過程と同様に火を通して焙煎し、冷めてから粗挽きものです。たんぽぽの根を使って作ることからたんぽぽコーヒーと呼ばれています。たんぽぽ茶としても知られていますね。

たんぽぽの根を焙煎して作ることから、風味もコーヒーに似た風味があります。

元々はたんぽぽ茶として販売されていましたが、その風味からたんぽぽコーヒーとして商品可されるようになってきました。

現在、販売されているものでは、たんぽぽコーヒー、たんぽぽ茶のどちらかで販売されています。

補足

たんぽぽコーヒーの発祥はポーランドの飲み物から来ているといわれています。

これは過去、コーヒーが高価で貴重な時代に代用品としてたんぽぽの根をコーヒー豆の代わりに焙煎して作られたという説があります。これがヨーロッパに広がって現在に至り、たんぽぽコーヒーは「ダンディライオン」と呼ばれ多くの人に飲まれています。

たんぽぽコーヒーとたんぽぽ茶との違いは?

妊婦さんや授乳中のママさんなら、たんぽぽコーヒーよりも、たんぽぽ茶としての呼び方でご存知の人も多いと思います。

助産師さんかおすすめされるときもたんぽぽ茶として勧められることが多いですよね。

たんぽぽコーヒーとたんぽぽ茶は基本的には同じものです。ただし商品によって材料や製法に違いがある場合があります。

  • たんぽぽコーヒーの場合:たんぽぽの根を炒めて焙煎したもの
  • たんぽぽ茶の場合:たんぽぽの根の他に葉や茎などを乾燥させたもの

飲み方もコーヒーフィルターを使ってドリップして飲んだり、急須を使って煎じて飲むというのでも違いがあります。

最近では準備がしやすいようにティーパックで販売されているメーカーが多いです。

たんぽぽコーヒーは基本的に根のみを使っていて、たんぽぽ茶はたんぽぽの他の部分もブレンドしていることがあります。メーカーも基本的に同じと解説していることもあり、メーカー側の表現としての違いもありますが、同じと捉えて良いでしょう。

焙煎していたり、乾燥させるといった製造や淹れ方の違いで飲み口が変わることもあるので好みで選んでも良いですね。

たんぽぽコーヒーの原料は国産?

たんぽぽコーヒーやたんぽぽ茶を販売しているメーカーは調べてみた所、多くが外国産のたんぽぽの根や葉を輸入しています。多くが漢方の本場である中国などが多いようです。ただ、中には国産のたんぽぽを使っているたんぽぽ茶やたんぽぽコーヒーもありますので、国産にこだわりたい人は原材料欄をチェックしてみましょう。

外国産を使用しているメーカーは輸入の際に放射性物質チェックや残留農薬チェックなどを行っています。

原料が栽培によって育てられている以上、この点は気になる点ですので、しっかりと品質チェックを行っているメーカーを選びたいですね。

たんぽぽコーヒーはノンカフェイン飲料

たんぽぽの根を焙煎することでコーヒーのような風味があることからコーヒーと呼ばれていますが、コーヒー豆を使用してはいないので、厳密にはコーヒーではありません。

原料になるたんぽぽの根にはカフェインを含まないため、ノンカフェインの飲料となります。

そのため、コーヒーが苦手、カフェイン摂取を控えたいという方にも愛用されています。

家族みんなが安心して飲める

たんぽぽコーヒーの魅力はやはり、ノンカフェインで含まれる成分や栄養による健康飲料・健康茶という点ですね。

お子さんからお年寄りまで安心して飲むことができます。

たんぽぽ茶って何歳から飲めるの? 

たんぽぽ茶を販売しているメーカーでも乳幼児以上のお子さんから飲めると記載があります。

ただし、たんぽぽに含まれる利尿作用によってトイレが近くなる可能性があるので、お子さんに飲ませる場合には薄めて飲ませてあげると良いと思います。

たんぽぽコーヒーはノンカロリー

たんぽぽコーヒーは他のお茶と同様にカロリーを含みません。そのため、ダイエット中の飲料としても人気です。

たんぽぽコーヒー・たんぽぽ茶はダイエット中の飲み物として人気!

ノンカロリーでしかも体の巡り、お通じに嬉しい成分を含むたんぽぽコーヒーやたんぽぽ茶はダイエットの味方になってくれます。

ダイエット中の健康茶として飲んでいる人は多いです。

たんぽぽコーヒーに含まれている成分

たんぽぽコーヒーにはたんぽぽが持つ成分が含まれています。中には健康に良いと言われる成分も含まれていて、毎日の健康習慣のサポートとしても愛飲されています。

花びらにはルテイン、葉にはビオラキサンチン・ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンC・カリウムなどが含まれています。

ビタミン・ミネラル

たんぽぽの葉や花びら、茎には多くのビタミンやミネラルが含まれています。たんぽぽの根にはビタミンB群、そして鉄、マグネシウムなど女性にとって嬉しい栄養が含まれていると言われています。

クロロゲン酸化合物

コーヒー豆にも含まれている成分で、ポリフェノールの一種、コーヒーの酸味・渋みの味わいの元になっている成分です。

たんぽぽにも、このクロロゲン酸化合物が含まれています。そのためコーヒーに似た飲み口になっているんですね。

タラキサンシン

ハーブ系苦み成分と言われるタラキサンシンは消化や便通にも働きかけると言われています。

イヌリン

ごぼう、ニラ、玉ねぎ、にんにく等の野菜に含まれる炭水化物の一つです。

甘味料として使われることもあります。イヌリンは胃で消化されず腸まで届くため、糖質ではなく食物繊維として扱われています。

コリン

アミノアルコールの1種でビタミンに似たような働きやビタミンを助けるといった働きが特徴です。

体内では細胞膜や神経組織を構成するレシチンの材料にもなる成分です。

たんぽぽコーヒーの味

コーヒーに近い飲み口と言われていますが、人によっては「ほうじ茶」や「麦茶」といった香ばしさのあるお茶の風味を感じる人も多いです。焙煎の工程や方法によって、コーヒーっぽくなるか、お茶寄りになるかも若干の違いがあると言われています。

たんぽぽ自体は野草ですので、野草の風味を感じる人もいますが、麦茶とコーヒーの中間のような味わいという印象を持つ人も多いです。

牛乳を入れるとカフェオレとして楽しめるので、おすすめです。

たんぽぽコーヒーが女性におすすめされる理由とは?

たんぽぽは中国では漢方薬の蒲公英(ほうこうえい)として使用されてきた歴史でもあり、ヨーロッパでも薬草として親しまれてきています。

そのため、たんぽぽの根を使ったたんぽぽコーヒー(たんぽぽ茶)は体に良い飲み物でもあります。

たんぽぽの漢方の分野での効果・効能

  • 利尿 :セイヨウタンポポの葉は利尿薬として用いられてきた歴史があります。
  • 解毒:主に肝臓や胆嚢に働き、尿による老廃物の排出を助けると言われています。
  • 胆嚢障害:タンポポの根と葉は、胆嚢への作用があり、胆石の予防などに用いられてきました。

漢方では、にきび、胃炎、肺炎、喉の腫れ、扁桃腺炎、結膜炎、急性乳腺炎、乳汁欠乏症などの炎症を抑えるのに用いられてきた歴史もあります。

たんぽぽコーヒー・たんぽぽ茶はアルカリ性の飲み物ですので、元気が無い時に嬉しい飲み物です。他にも不妊、母乳不足のサポート冷えむくみといった女性ならではの悩みにも良いと言われています。

女性にとって良いサポートが期待できるのもたんぽぽが持つ働きとなっています。

母乳の出を良くする

たんぽぽの根は昔から母乳の出が良くない時に飲むといった民間療法のように取り入れられてきた歴史もあります。

たんぽぽに含まれる成分には体の巡りを整えるのに必要な栄養素などが含まれること、さらに母乳を作るのに大切な血液の健康や血行をサポートする成分が含まれていることもあり、産院での助産師さんからのアドバイスでもおすすめされることも多いです。乳腺炎対策でも飲まれています。

不妊対策

直接的な不妊改善効果ではなく、妊娠を希望する女性にとっての体つくりをサポートしてくれる栄養を含むことからたんぽぽコーヒーは不妊対策の飲み物として人気があります。

ノンカフェインで体も温まり巡りをサポートしてくれます。さらにビタミンCやカルシウム、鉄といったビタミン・ミネラルも摂ることができるため、普段の食事に加えて健康をサポートしてくれる飲み物です。

たんぽぽコーヒーやたんぽぽ茶は妊活中の女性にも愛飲者がとても多いです。

冷え性対策

たんぽぽには体の老廃物を排出させる利尿作用を持つと言われています。これによって血液中の老廃物を排出していくことで、巡りの良い状態をサポートしてくれるというのが冷え性対策におすすめされている理由です。

むくみ対策

冷えは血液循環が滞ることで起きやすく、むくみとも深い関係があります。むくみは体の老廃物や溜まった水分によって起きると言われており、血液の流れを整え、さらに老廃物を排出させる利尿作用によってむくみにくい体つくりをサポートしてくれると言われています。そのためたんぽぽコーヒーやたんぽぽ茶は女性の冷え対策としても飲まれてきました。

たんぽぽコーヒーの形状の種類

たんぽぽコーヒーはティーパックタイプが主流で、インスタントタイプもあります。他にコーヒーフィルターを使いドリップして飲むタイプもあります。

ティーパックタイプは分量も計る必要が無く、お湯をそそぐだけで完成するので手軽で便利です。

たんぽぽコーヒーのおすすめの飲み方

せっかく健康のためや妊娠中や育児中のリラックスタイムに飲むわけですから、美味しく飲みたいですよね。

たんぽぽコーヒーはそのままだと苦味もコーヒーと同様にありますので、そのままでも良いですが、ちょっと工夫するとさらに美味しく飲めます♪

基本はお湯で煮出す

冷たい水でも成分が出てきますが、お湯の方がしっかりと成分を煮出すことができます。

美味しく飲むなら沸騰したお湯ではなく、80〜90度くらいのお湯で3〜5分、しっかりと煮出したい時には8分ほど待つのがおすすめです。

香ばしさを高める黒砂糖

通常の砂糖でも良いですが、黒砂糖は優しい甘さに加えて香りも良いため、たんぽぽコーヒーの風味をより香ばしくしてくれるので美味しくておすすめです。

ミルクプラス生姜でチャイ風アレンジ

コーヒーにミルクを入れて飲むのが好きな人は牛乳をプラスするのもおすすめです。

さらに生姜を加えることでチャイ風にアレンジができ、体もポカポカするので冷えが気になる人はおすすめです!

シナモンやカルダモンパウダーを入れるとさらに本格チャイのような風味が楽しめます♪

豆乳を入れればソイラテ風が楽しめる

牛乳では無く、豆乳を入れるとソイラテ風が楽しめます。クリーマーなどの泡立て器を使ってシナモンパウダーをプラスすると、まろやかでとっても香りが良い本格ソイラテです♪

たんぽぽコーヒーを飲むタイミングは?

たんぽぽコーヒーはお薬では無いので、お好きなタイミングに飲んで問題ありません。コーヒーのようにカフェインを含まないので、たとえ少し飲みすぎたとしても安心です。

副作用はあるの?

たんぽぽコーヒーは薬ではないので、副作用はありません。ただしたんぽぽに含まれる成分には利尿作用を持つ成分があるため、飲みすぎるとトイレが近くなってしまう可能性があるため注意しましょう。

また胃酸を分泌する成分も含まれているため、飲みすぎると胃がムカムカする可能性があります。薬を飲んでいる人は念のためかかりつけ医に相談してから飲むと安心です。

たんぽぽコーヒーの安全性は?原料は安全?

たんぽぽコーヒーの原料はたんぽぽの根です。ですのでたんぽぽの品質や栽培で品質や安全性が変わってきます。

理想は

  • 無農薬で化学肥料なしの有機栽培であること
  • 国内生産・製造をしている
  • 第三者機関による残留放射性物質チェック・残留農薬などが行われている
  • ISO9001取得工場などの品質レベルが認められている工場で作られている

この点をクリアしていると安心できます。

自社で原料の輸入、製造、商品化まで行われていると品質的に管理しやすく、安心できるポイントです。

たんぽぽコーヒーの選び方

たんぽぽコーヒーやたんぽぽ茶を選ぶ時のポイントについて確認しておきましょう。

原料がブレンドか100%か

たんぽぽコーヒーやたんぽぽ茶は

  • たんぽぽの根のみを使っている場合
  • たんぽぽの根に加えて葉や茎などをプラスしている
  • 他の茶葉とブレンドしている

というような内容になっていることが多いです。

たんぽぽコーヒーは根のみなのが多いですが、たんぽぽ茶の場合だと、黒豆・黒ごま・どくだみといった原料も加えられていることが多いです。

苦味が得意ではないという人はブレンドタイプだと、飲みやすくなっています。

飲む量に合わせた形状や内容量で選ぶ

たんぽぽコーヒーはティーパックタイプが多いですが、カップ用とポット用といった種類があります。

一度に多く作っておきたい人や飲むたびに作って飲むといったシチュエーションに合わせて選ぶのがおすすめです。

容量が大きいタイプはカップ用よりも煮出すのに時間がかかりますが、コスパの面ではポット用の方が良いので、沢山飲みつつコストを抑えたい人におすすめです。

インスタントは手軽にお湯に溶かして飲むタイプなので、育児中など忙しい人はインスタントタイプもチェックしてみるのも良いですね。

安全基準が高いメーカーを選ぶ

最後は上でもご紹介している原料の安全性ですね。日本で定められている品質基準に準拠していることや、原料レベルでオーガニックや細かな品質チェックを第三者機関で行っていて、ホームページで公開している商品は自分の目で確認して納得したものを選ぶことができるのでおすすめです。

国産のおすすめたんぽぽコーヒー3選

たんぽぽコーヒーは市販でも購入できますが、インターネットで購入するのが買い物に行く手間もなく便利です。

特に妊娠中や育児中だと買い物自体も大変ですので、インターネットで購入するのがおすすめです。

こちらでは国産でたんぽぽコーヒーを販売しているメーカーをご紹介します。

どれも妊活中や妊娠中、育児中のママさんから評判が良く口コミでも評価が高いたんぽぽコーヒーとなっています。

森下薬農園のたんぽぽコーヒー

  • 健康茶たんぽぽ茶の元祖、老舗のたんぽぽコーヒー
  • たんぽぽ根100%使用
  • ノンカフェイン・カロリーゼロ
  • 無添加
  • 国内生産・250以上の検査済み
  • 母乳マッサージ桶谷式の認定助産師からも推奨されている
通常価格 2,376円
内容量 75g30袋入
お試しセット カップ用ティーパック2.5g☓30袋 2,376円
定期コース 2.5g☓30袋 2袋セット(カップ用)
定期コース価格:4,134円1袋あたり2,067円
特典
お試しセット・定期コース送料無料、30日間返金保証付き、桶谷式おっぱいガイドブック、健康茶詰め合わせ、タンブラープレゼント、森下薬農園の健康茶の中から好きなお茶を1種類プレゼント
ここがポイント!
健康茶を中心に通信販売している森下薬農園のたんぽぽコーヒーです。たんぽぽ茶の元祖として知られていて、たんぽぽコーヒーも人気です。自社管理による品質チェックや生産体制は安心できます。

>> 安心してのめる森下薬農園のたんぽぽコーヒー公式サイトはこちら

たんぽぽコーヒー ぽぽたん

  • 農薬不使用の中国吉林省のたんぽぽを100%使用
  • たんぽぽ根100%使用
  • ノンカフェイン・カロリーゼロ
  • 残留農薬検査チェックで安心・安全
  • 国内で製造加工
通常価格 1,454円
内容量 30袋入
お試しセット カップ用6個入り2袋730円
マグボトルセット 30袋入3,000円
特典
送料無料、30日間返金保証付き、ステンレスマグボトルプレゼント
ここがポイント!
ティーライフが作ったたんぽぽコーヒーです。母乳育児をしている人、母乳育児を望んでいる人に愛飲者が多いです。緑茶やプーアル茶といった健康飲料を作っているティーライフのたんぽぽコーヒーは通常のコーヒーと比べて苦味は控えめ、少し甘みのある味ということで飲みやすく美味しいという評判です。森下農園のたんぽぽコーヒーよりも価格が安いという点も続けやすくなっています。

>> 妊娠中や授乳中のママにおすすめ!公式サイトはこちら

アモーマ(AMOMA)

  • 無農薬栽培で作られたたんぽぽ使用
  • たんぽぽ根100%使用
  • ノンカフェイン
  • 残留農薬検査チェックで安心・安全
  • 国内で製造加工
通常価格 1,399円
内容量 30袋入
定期コース 30袋入初回価格720円
2回目以降1,299円
特典
送料無料、いつでも解約できる定期コース
ここがポイント!
助産師さんが開発に関わっていることもあり、テレビ・雑誌・WEBなどでも取り上げられている注目のたんぽぽコーヒーです。世界中から厳選したハーブを使用、無農薬栽培で作られたたんぽぽの根を使用しています。残留農薬検査チェックで安心・安全のたんぽぽコーヒーです。

>> 助産師監修のたんぽぽコーヒーの公式サイトはこちら

インスタントタイプのたんぽぽコーヒー

たんぽぽコーヒーはティーパックタイプが多いですが、インスタントコーヒーのような粉末タイプも販売されています。

VIVATEA(ヴィヴァティー)のたんぽぽコーヒー


画像出典:amazon.co.jp

人気が高いのはVIVATEA(ヴィヴァティー)のたんぽぽコーヒーで高成城石井やデパ地下といったお店でも扱われています。

ただ、ヴィヴァティーのたんぽぽコーヒーはたんぽぽ根を主原料としつつ、黒大豆、赤小豆、野草といった原料を使用しているので、たんぽぽの根100%では無いので、その点は購入前にチェックしておきましょう。黒大豆や赤小豆、野草は栄養も豊富ですので、これらを一緒に飲みたいという人にはおすすめです。黒糖のようなまろやかな香りとコーヒー風味で人気が高いインスタントタイプのたんぽぽコーヒーです。

生活の木ハーブコーヒータンポポインスタントクラシック


画像出典:amazon.co.jp

粉末タイプのたんぽぽコーヒーで美味しいと評判が良いのがタンポポインスタントクラシックです。こちらはたんぽぽ根100%となっているのでたんぽぽコーヒーそのものの味を手軽に味わえるのが魅力です。

人気が高いたんぽぽ茶のおすすめ3選

たんぽぽコーヒーではなく、たんぽぽ茶として販売しているメーカーもあります。

近年ではノンカフェイン・ノンカロリーの健康茶は人気ですし、妊活に取り組む人も増えているためたんぽぽ茶は人気商品です。

こちらではたんぽぽ茶の人気メーカーを3つご紹介します!

健磁の純国産たんぽぽ茶


画像出典:amazon.co.jp

健磁の純国産たんぽぽ茶は国産のたんぽぽを使ったたんぽぽ茶です。長野県東御市で柳沢さんという農家の方が栽培したたんぽぽのみを使用しています。たんぽぽ茶、たんぽぽコーヒーは中国産が多いので、原料として品質面が気になるという人にとっても国産たんぽぽを使用しているというのは選ぶ時のポイントになってくるのではないでしょうか?

ティーパックタイプで手軽に飲むことができます。

山本漢方たんぽぽ茶


画像出典:amazon.co.jp

たんぽぽ根に加えて、ハトムギやはぶ茶など13種類をブレンドした山本漢方製薬のたんぽぽ茶です。
飲みやすさに配慮してブレンドをしているため、たんぽぽ根のみのたんぽぽ茶が苦くて飲みづらいと感じている人にもおすすめです。

ティーパックタイプのたんぽぽ茶です。

いんやん倶楽部たんぽぽ茶


画像出典:amazon.co.jp

たんぽぽの根100%を使用したたんぽぽ茶で、原料はポーランド産のたんぽぽの根を国内でカットや焙煎といった製造を行っています。飲み口は苦みや渋みを抑えたほのかな甘みが楽しめる飲みやすさが人気のたんぽぽ茶です。

たんぽぽ茶は市販でも販売しているので手に入れやすい!

たんぽぽ茶は通販だけでなく、お店でも多く販売されています。最近ではドラッグストアでも取り扱われるようになりましたね。

コーヒーと輸入食品を扱うショップのカルディコーヒーファームでもオリジナルのたんぽぽ茶を販売しています。

赤ちゃん用品を扱う西松屋でも「たんぽぽコーヒー葉酸プラス」や「たんぽぽ珈琲ティーバッグ」といったたんぽぽコーヒー、たんぽぽ茶を販売しています。

ちなみに西松屋で販売しているたんぽぽ茶は小川生薬が作っています。西松屋のオンラインショップでも購入できます。お財布に優しい西松屋でたんぽぽ茶が買えるのは嬉しいですね。

たんぽぽコーヒーは自作可能?

たんぽぽコーヒーは自作することも手間はかかりますが可能ではあります。

基本的な手順については

  1. たんぽぽを採る
  2. たんぽぽの根を洗う
  3. 根を刻む
  4. 刻んだ根を干す
  5. たんぽぽの根を煎る(焙煎)
  6. 焙煎した根をコーヒーミルなどで挽く
  7. コーヒーフィルターなどを使ってドリップする

という方法で行います。自宅菜園などで茶葉を育てて飲んでいる人などは、これに近い工程を経験しているかもしれませんね。

タンポポの根を集める

庭などに生えているたんぽぽを集めて根を採集する工程です。

たんぽぽは見た目よりも根が深いので手で抜くと茎部分でちぎれてしまうことがあるのでスコップなどを使うのがおすすめです。

また土が乾いた状態よりも、前日に雨が降った時など土が湿っている方が作業しやすいです。

たんぽぽが生えている所から10センチくらい離れた場所をスコップで垂直に掘り返して、根部分を切ってしまわないように注意しながら採集していきましょう。

回収する量は片手から両手くらいあれば十分かと思います。

たんぽぽの根を洗う

採取したたんぽぽは根部分と茎を切って洗います。汚れや虫などが混入しないように丁寧に洗いましょう。

たわし・金たわしを使うと土や汚れも落としやすいです。

根を刻む

洗ったたんぽぽの根は干す前に刻んでおきます。乾燥してしまうと根が固くなるのでカットするのに手間がかかるためです。

大きさ的には1cm〜1.5cmほどを斜め切りにしておきます。ハサミではなく包丁で切るほうが楽ですね。

刻んだ根を干す

刻んだ根を乾燥させるために干します。

  • 天日干しなら天気が良ければ3〜4日
  • 陰干しなら4〜5日

ほどを目安にしっかりと乾燥させます。

たんぽぽの根を煎る

乾燥させたたんぽぽの根をフライパンなどで中火でコーヒーの粉と同じくらいの色になるまで焙煎していきます。

火が強すぎると焦げてしまうので注意してくださいね。

この工程がコーヒーの味に近づけるためのポイントとなりますので、じっくりと焙煎していきましょう。

たんぽぽの根を挽く

焙煎が終わったたんぽぽの根をドリップするために挽いていきます。煎る前にフードプロセッサーなどで細かくしても良いです。

コーヒーミルやグラインダーで手応えが無くなるまで挽いていきます。

コーヒーフィルターを使ってドリップする

挽き終わったたんぽぽの根を飲む時にはコーヒーフィルターを使ってドリップもしくはティーパックや煮出しをします。

目安はコーヒーカップ1杯にスプーン1杯くらいの量から試してお好みの濃さにしていくのがおすすめです。

たんぽぽコーヒーまとめ

いかがでしたでしょうか?妊娠中、授乳期のママが安心して飲めるたんぽぽコーヒーについてご紹介しました。

たんぽぽコーヒーやたんぽぽ茶はノンカフェイン・ノンカロリーで冷え対策など体の巡りを健康に保ち母乳の出を良くしたい人にとってもおすすめされている飲み物ですので、ママだけでなく妊活を頑張りたい人にも愛飲されています。

産院でもおすすめされているたんぽぽコーヒーに興味がある人は、品質にこだわった安全な原料を使ったたんぽぽコーヒーを選びましょう!

 

>> TOPページへ